自閉症児のためのことばの教室 新発語プログラム 発語してから会話・概念獲得への32〜60のステップ

■B5判 192ページ
ISBN-10: 4761407875
ISBN-13: 978-4761407872

■石井 聖、羽生裕子(著)
■出版社:学苑社

【コロロの実践の中で磨かれた、「書く」ことによる会話・概念学習の手引書】

ことばがでてからの学習課題について、主に会話が成立するまでを重点的に、スモールステップ化し、自分で考えられるようになるプロセスをまとめた一冊です。

エコラリアになってしまう、一方的なおしゃべりから会話に発展しない…というお子様と関わる保護者・支援者におすすめいたします。


【目次】

第4章 会話に向けての学習ステップ

・判断学習
・長い単語(ことば)の読み書き
・主語の入った文を書く(主語+述語)
・質問文
・文章題(計算問題)
・音読
・自発語の誕生
・会話パターン
・歌を歌う
・絵を描く
・絵日記を書く

第5章 いよいよ概念学習の海へ

・名詞の語彙を増やす
・より抽象的な名詞の理解
・より抽象的な名詞の理解
・上位概念の理解
・物事の説明
・動詞の語彙を増やし、ボディイメージを高める
・自分の行動の記憶と言語化
・形容詞、形容動詞、副詞の語彙を増やし、表現力を高める
・因果関係と理由説明、問題解決
  パターン認識から順序立てた思考・接続詞の使用
・感覚・感情を表すことばと情緒の発達
・疑問詞(5W1H)の理解と作文、文章理解
・二者〜三者関係の理解
・立場に応じたことばの使用・会話
・問題解決
・お金と買い物
・道徳的判断と自己抑制/常識・マナー・規則
・たとえのことば、隠れたことば(比喩/暗喩)、ことばの推理

第6章 内言語への道
販売価格
2,200円(税込2,420円)
購入数